口腔外科の専門医が負担の少ない治療を提供いたします

口腔外科の専門医による親知らずの抜歯や、抜歯した親知らずの移植をしています。不安の多い外科手術だからこそ、確かな技術で患者さまに負担をかけません。

親知らずの抜歯

10代後半から20代前半にかけて生えてくる「親知らず」。親知らずは、生え方もまばらで噛み合わせも悪くなります。激しい痛みを伴うイメージですが、生え方によってはまったく痛みがない場合もあります。

親知らずがもたらす悪影響
親知らずの抜歯親知らずの生え方にはさまざまなケースがあります。歯ぐきの中に埋まったまま出てこなかったり、斜めに生えてしまったり、一部分しか生えてこない場合もあります。ですが、どんな生え方でも噛み合わせは決してよくありません。

噛み合わせが悪いと、歯だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。親知らずの診断はとても重要です。しかし、生え方や噛み合わせによって抜かないほうがよい場合もありますので、親知らずが生えてきたら、まずはご相談ください。

患者さまの負担を軽減した抜歯
当院では、抜歯が及ぼす患者さまへの負担を少しでも軽減したいと考えています。できるだけ切開部分を小さくしたり、神経麻痺を起こさないよう親知らずを引っ張り出す方向だけに力を入れたりと、最小限の外科治療を行っています。当院の院長は口腔外科を専門的に学んできた専門医ですのでご安心ください。

お気軽にお悩みをご相談ください

お気軽にお悩みをご相談ください