一般歯科(むし歯治療)

なるべく削らない、抜かない治療を行います。口腔外科に強い院長の技術と最新機器で、患者さま一人ひとりに最適な治療をご提供いたします。

一般歯科(むし歯治療)

冷たいものが歯にしみたり、歯の変色が気になったりしたらむし歯の前兆と言えます。むし歯は、一度進行してしまうと自然治癒することはありません。そのため、痛みがなくてもそのまま放置せず、早めにご来院ください。

削らない、抜かない治療を心がけています
当院では天然の歯を長期的に健康な状態に保つため、できるだけ削らない治療を行っています。むし歯の初期段階では、むし歯の進行を抑制する薬剤を患部に塗布して経過観察をしていきます。

また、むし歯の抜歯においてもできる限り抜かない方法を選択します。抜歯してしまうと審美性も損なわれてしまいますし、義歯やインプラントを用いなければなりません。

天然の歯は、一度削ったり抜いたりしてしまったら二度と戻ることはありません。天然の歯は汚れが付きにくく自浄作用もありますが、人工の歯は汚れやすくこまめにケアをしなければ長持ちしません。そのため、お口の健康を守るためにもできる限り天然の歯を残すことが大切なのです。

痛みの少ない治療についてはこちら

一人ひとりに合わせた治療を行います

一般歯科(むし歯治療)患者さまの症状はさまざま。治療内容や仕上がり、料金のご要望などもさまざまです。当院では、一つひとつの歯に最適な治療を、患者さまのご要望を取り入れながら行っていきます。

一般的にむし歯や歯周病と呼ばれる歯や歯ぐきの炎症はもちろん、事故などで歯が折れてしまったり抜け落ちてしまったりした患者さまもいらっしゃいます。血が止まらないという患者さまには、患部に止血剤を入れて対応することもあります。

また高齢者の患者さまも多いので、全身疾患を考慮しつつ、常に主治医(医科)と連携を取りながら治療を進めています。必要があれば、大学病院などの医師と協力しながら治療を進めていきます。大きな病院との連携もしっかり取れていますので、不安や心配があるときは遠慮なくご相談ください。

むし歯のメカニズム

むし歯は進行状態によってCO~C4 までの段階に分けられます。ご自身の歯が現在どの状態なのか一度セルフチェックし、自分の歯の状態を的確に知りましょう。

COCO
初期むし歯の状態です。まだ歯に穴は開いていません。フッ素とキシリトールを使って、歯を再石灰化させることで、改善していきます。

C1C1
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態です。この段階では痛みはありませんが、放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要です。とはいえ、削る部分は最小限で済みます。

C2C2
エナメル質の下にある象牙質にまで達したむし歯です。まだ神経に達していないので、強い痛みはありませんが、ときどき甘いものなどがしみ始めます。この段階では麻酔を使って歯を削り、型採りをしてでき上がったものを装着します。

C3C3
むし歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態です。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。ここまでくれば、激痛を伴います。この段階では、麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を抜き取ります。

C4C4
神経が死んでしまった状態です。神経が機能しないので痛みは少ないものの、むし歯菌が血管を通って心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。こうなってしまっら、ほとんどの場合抜歯となります。

お気軽にお悩みをご相談ください

お気軽にお悩みをご相談ください