根管治療

「ウォームガッタパーチャーテクニック」を採用し、患者さまに負担をかけない根管治療を行います。

根管治療

むし歯を放置して進行してしまうと、神経にまで炎症が起きて激しい痛みを伴います。そうなってしまうと、歯を大きく削ったり抜歯したりしなければなりません。その際、炎症の起きた神経を除去し歯の根までキレイにする「根管治療」を行う必要があります。

根管治療とは?
根管治療根管治療とは、むし歯が神経まで達してしまった場合に、神経を取り除き、根管内をキレイにする治療です。

むし歯の初期段階でしたら、患部を削って詰め物をすれば進行を抑えられますが、進行してしまうと根管の治療が必要となります。とはいっても、一人ひとりの症状によって治療内容は異なってきますので、どんな治療を行うかは相談しながら決めていきましょう。

ウォームガッタパーチャーとは?
当院の根管治療は「ウォームガッタパーチャー」という垂直加圧根充法で根管充填しています。ウォームガッタパーチャーは、細い根管や弯曲根管であっても加圧の効いた充填が可能で、ある程度の太さを持つ側枝であればその部分も含めて充填することができます。無駄な作業が省けるため、患者さまの負担を軽減することができます。

根管治療の流れ

【STEP1】器具を使用し歯の表面のむし歯部分を除去します。
次へ
【STEP2】根管の治療がしやすいように神経の部分に穴を開けます。
次へ
【STEP3】リーマーという専用の器具で歯の根の炎症部分を取り除きます。必要があれば、同時に神経を取る抜髄(ばつずい)という処置をします。
次へ
【STEP4】根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、菌が入らないように根管を封鎖します。
次へ
【STEP5】根管の治療が終わったら詰め物や被せ物をして完了です。

お気軽にお悩みをご相談ください

お気軽にお悩みをご相談ください