顎関節症の原因

顎関節症の原因●偏咀しゃく
食事の際、左右のどちらか一方でばかり噛んでしまう癖を偏咀しゃくと言います。片側だけに多くの負担をかけてしまうと発症しやすくなります。

●癖や習慣
就寝時のうつ伏せや電話機をあごの下に挟みながら話すこと、頬杖や猫背など、あごに負担がかかりやすい癖や習慣なども発症の原因となります。

●悪い噛み合わせ
噛み合わせが悪いと、偏咀しゃくや睡眠時の噛み締めや擦り合わせなどを起こしやすくなり、必然的にあごに負担をかけてしまいます。

お気軽にお悩みをご相談ください

お気軽にお悩みをご相談ください