子どものむし歯

小児歯科子どもの歯は大人の歯に比べて柔らかく、歯が生えてから石灰化が完全に進むまで2~4年もかかってしまいます。そのため子どもの歯はむし歯になりやすいのです。また、乳歯のむし歯は、その後生え変わる永久歯の健康に大きく影響を及ぼします。乳歯の段階からしっかりとケアし、むし歯の原因を作らないことが大切です。

お子さまが安心できる環境をご用意
お子さまにとって「歯医者さん」というのは、怖くて痛いといったイメージがあります。そのため、診療台に座ると泣き始めてしまうお子さまも少なくありません。そこで当院では、お子さまに安心して治療をお受けいただける環境作りに力を入れています。

保護者さまも一緒にユニットに入っていただくことができますので、お子さまの手を握ったり会話をしたりできます。「歯医者さんは楽しい場所」と思っていただけるよう、ぬり絵やゲームなどもご用意しております。また、当院の院長やスタッフも皆子ども好きですので、優しく会話をして、治療が終わったら褒めてあげます。

そうした方法で不安を取り除いてから治療を進めることで、怖さやトラウマを植え付けません。どうしても泣き止まない場合は基本的に中断していますが、痛みを伴う場合には、保護者さまの了承を得てから押さえて応急処置のみを行うこともあります。

お気軽にお悩みをご相談ください

お気軽にお悩みをご相談ください